2016.09
23
Fri
CATEGORY: - | COMMENT: 0 | TB: 0 | スポンサードリンク |

一定期間更新がないため広告を表示しています


- * - * - * by スポンサードリンク *

2016.09
23
Fri
CATEGORY: - | COMMENT: 0 | TB: 0 | Rinko | 07:00

先週、東京での演奏会にお越し下さった皆さま、どうも有難うございました!

 

これまですっかり忘れていたことなのですが、先日ふと思い出しました。

ドイツに留学して入試の終わった後、シュパイデル先生に初めてきちんとお目にかかって今後のレパートリーの話し合いをしたとき、彼女が真っ先に挙げたのがベートーヴェンの4番でした。

ベートーヴェンを出来ることなら避けていた時期でした(笑)

バッハからラフマニノフまで万遍なく・・・というレパートリーリストだったように覚えているのですが(スクリャビンの「炎に向かって」まで入っていた)ベートーヴェンは4番のコンチェルトの他に作品110のソナタとエロイカ変奏曲が入っていて、私はまずエロイカ変奏曲から留学生活をスタートさせたのでした。

その後、そのレパートリーリストにあった他の作曲家の作品は確か全て勉強したのに、ベートーヴェンに関しては110の代わりに109を、そしてコンチェルトに至っては折に触れてちょこちょこ楽譜を引っ張り出しては覗き読みはしたものの、最終的にちゃんと取り上げることはなかったのです。

ふとそのことに思い至って、やっと今になって長年の宿題を終えたような錯覚に襲われて、なんだか不思議な気持ちになりました。

 

非常に気持ちよく弾かせて頂きました。

お聴きくださった方々、関係者の方々に感謝申し上げます。

 

 

追伸 先日私も知ったのですが、レコード芸術の6月号に輸入盤の室内楽曲・器楽曲の今月の特選盤としてアリャビエフのCD評が掲載されました。タイムリーにお知らせできずすみません!


- * comments(0) * trackbacks(0) * by Rinko *

2016.09
05
Mon
CATEGORY: - | COMMENT: 0 | TB: 0 | Rinko | 07:16

お知らせし忘れるところでした!

 

来週14日の水曜日、東京文化会館での演奏会に出演致します。

The 9th World Peace Classic Concert
2016年9月14日18:30開演 東京文化会館大ホール
指揮 新田孝 
ニッポンシンフォニー
 

ベートーヴェンの4番のコンチェルトを演奏致します。

 

少しお得にチケットをお求め頂けますので、ご興味おありの方は下記アドレス宛て(!を@に変えて下さい)に是非ご連絡下さい。

メールでチラシや詳しい情報などをお送り致します。
music.k!etude.ocn.ne.jp

 

 

ドイツは9月に入ったというのにまだ夏の暑さが残っています。私の知る限りこんな夏は初めてです。

週間予報によると、我がカールスルーエでは今週も30度超えの日がまだ3日くらいあるらしい・・・!

 

 

そして東京は今週ずっと雨って本当ですか?泣

 

 

上野でお待ちしておりまーす!!!


- * comments(0) * trackbacks(0) * by Rinko *

2016.03
29
Tue
CATEGORY: - | COMMENT: 2 | TB: 0 | Rinko | 08:18
すっかりご無沙汰しております。
パスワードを忘れかけていて、あやうくログイン出来ないかと思いました。汗
ブログ自体どーやって書くんだっけー??と少々困惑気味。
・・・まだ覗きに来てくださる方、いらっしゃいますかー?・・・いらっしゃいますかー?・・・いらっしゃいますかー?

お陰様で元気にしています。
ブログを開店休業していた間にも、ピアノを弾きにあっちへこっちへと出かけ(で、パスポート盗られてエラい目にあったりとか、真冬のさっむーーーーーい日に某ドイツ鉄道の超遅延で危うく帰宅できなくなるんじゃないかと思ったりとか、某ラテン国の辺鄙な山奥のむちゃくちゃ何てことない感じのお店で物凄くレヴェル高いご飯食べたりとか、とか、とか)レコーディングをし、なんやかんやとごそごそ活動しておりました。

そんな中、10年にわたって創設メンバーとして活動してきたベートーヴェン・トリオ・ボンを退団したことをご報告いたします。
これまでトリオのコンサートに足を運んでくださった方、CDやラジオを通じて演奏を聴いてくださった方、様々な形でサポートしてくださった方にこの場をお借りしてお礼申し上げます。
最終的に辞めはしましたが、弦のメンバー二人には10年の間に音楽的に成長させてもらったと感謝していますし、楽しいこと素晴らしいこともたくさんありました。
今後は常設・固定の室内楽にこだわらず、ソロを含め、様々なことをやっていければと思っていますので、どうぞよろしくお願いいたします。

それはそうと、今月の初めだったか、こちらの大学時代の友人から急にピンチヒッターの依頼。

「1週間後の室内楽コンサートでベートーヴェンのプログラムなんだけど、真っ先にあなたの顔が浮かんで!」

と言ってくれたのは有難いけれど、笑ってしまうことにプログラムにはなんと大公トリオ。
いつか弾きたいと思いながら、そしてベートーヴェンの名を冠したトリオで弾きながら結局一度も弾くことのなかった曲ですよ。おまけに他のヴァイオリンソナタもレパートリーに入っていなかったので、連絡が来た時はお断りするつもりだったのですが、結局引き受けて弾いてきました。
ギリギリの練習時間しか取れなかったけれど、曲自体は知っていたし短期集中が効いたのか(笑)結果的にはとても充実した良いステージになりまして(結果オーライっていい言葉よねー。笑)友人とも久々に積もる話も出来たしで行って良かったです。

今年はトリプルに4番と非常に珍しくベートーヴェンづいていたり(4番は東京でございますー。さりげなく宣伝。笑)更には冬の旅(これまで実は若干お付き合いを避けてきたフランツくん!!)を弾く予定もあったりで、もしかすると新たな境地を開拓していく年になるのかなーと思います。
ブログもマメに更新できる自信はまるでありませんが(おいおい)こんなにお休みすることなく、また日々のなんてことない出来事も気まぐれに綴れたらなーと思うので、たまに覗いてくださいませー。
では!

追伸 そうそう、昨年レコーディングしたアリャビエフの新譜は日本でも手に入るようです。
 

- * comments(2) * trackbacks(0) * by Rinko *

2014.08
06
Wed
CATEGORY: - | COMMENT: 0 | TB: 0 | Rinko | 23:42
日本は物凄い暑さだとか。皆さま、くれぐれも熱中症などにはお気をつけ下さいね。

いやー・・・ドイツも暦上はまだ夏な筈なんですが、涼しかったり寒かったり傘が必要だったりするお天気が多いような・・・
もう来年まで夏らしいお天気になることはないのかもしれない。涙

生活が少々変化したものの、私はお陰様で元気にしております。
またもやブログが滞るかもしれませんが(いつ滞ってなかったことがあったっけ?というツッコミ、ありがとうございます)寛大なお心で見守って頂けると助かります。

現在発売中の音楽現代、そしてムジカノーヴァの8月号に5月の評が掲載されているそうですので、機会があればご覧下さいませ!

皆さま、素晴らしい夏をお過ごし下さいね。

- * comments(0) * trackbacks(0) * by Rinko *

2014.06
25
Wed
CATEGORY: - | COMMENT: 10 | TB: 0 | Rinko | 22:55
すっかり遅くなってしまいましたが、桐生市市民文化会館そして浜離宮朝日ホールでのリサイタルにお越しくださった皆様、どうも有り難うございました!!!
ソナタばかりというプログラムがどう客席に届くのかなと思っていましたが、色んな方から本当に沢山の嬉しいお言葉、ご感想を頂きました。この場をお借りしてお礼申し上げます。
「大変なプログラムですね」と何度か言われましたが、全体のバランスとコントラストのせいか、本人はプログラムを弾き終わっても、実はまだまだ弾けるくらい(笑)でした。
お聴き頂いた方からも、あっという間だったという声がいくつもあって、こちらもホッとしました。
発売中の音楽の友に既にコンサート評が掲載されているとのことです。よろしければご覧下さいませ。

ドイツへ帰ってきてからも、先週までは仕事でバタバタ動き回っていましたが、合間にはしっかり季節の味も楽しみ。


そして、目下我が南町はこんな様相。

4年毎の風物詩。(ヨーロッパカップもあるから2年毎かな)


ヨーロッパ勢はスペインもイタリアもあれよあれよと言う間に予選落ちしてしまったし、週末からの決勝トーナメントはどの辺りを焦点に観戦しようか、ちょっと悩むところです。(これだけドイツにお世話になっていながら、サッカーでは何故だかドイツチームを素直に応援する気になれない・・・というのは小声で。笑)
ところで「オランダのロッベンをピアニストに例えるなら、そりゃもうリヒテルをおいて他にはいないだろう」なんてことを考えながらサッカー観てるのって私くらいですかね。

- * comments(10) * trackbacks(0) * by Rinko *

2014.05
16
Fri
CATEGORY: - | COMMENT: 0 | TB: 0 | Rinko | 19:41
さて。
先週末まではいくつかの異なるプログラムを抱えて、文字通りバタバタな日々でしたが、今週に入ってやっと少しは心静かに来週の日本でのプログラムに向き合う時間も過ごしております。



今回弾くベートーヴェンの作品110の3楽章、ひとつめのフーガ冒頭。

・・・何年か前の書き込みなのですが、何故に水前寺清子さんが出てくるのかと言えば、ある時このテーマを弾きながらふと連想したのが

三歩進んで二歩下がる

という「三百六十五歩のマーチ」という例の有名なくだり。

こちらのベートーヴェンの場合は「四歩進んで三歩下がる」ならぬ「四度上がって三度下がる」ですが(細かいこと言えば「三百六十五歩のマーチ」の三歩進んで二歩下がるの歌詞は「進んで」と「下がる」のところは見事に音型的に対応しているものの、三歩も二歩も音程には呼応していませんが)その前の嘆きの歌が終わったところから、光が射し込んでくるようなこのテーマの上行形には、あのチータの歌声のあくまで明るくカラッとしたポジティヴさ程はないにせよ、ドイツの冬から春へ移行する時期のそこはかとない明るさ、光の加減の違いに心浮き立つ感じがあるような気がします。

というのもですね。
二つめのフーガが逆進行で「四歩下がって三歩進む」形になっていることで、一つめのフーガの明るさのようなものがスッと陰るのが

そりゃ四歩下がって三歩進めば、計マイナス1で後退してるってことだもんなー。

と、妙に納得させられるんですよ、私。






・・・って、恐れ多くもベートーヴェンの後期のソナタ弾きながら、そんな非高尚なことを実は考えたりしているのね、このヒト。

と言われそうですが、ハイその通りでございます。(あ、プログラムノートにはもうちっとマジメなこと書いてます)

 

- * comments(0) * trackbacks(0) * by Rinko *

2014.04
18
Fri
CATEGORY: - | COMMENT: 0 | TB: 0 | Rinko | 20:02
はたと気づけば、新年のご挨拶さえ失礼したまま、早3ヶ月以上・・・!
前記事は大晦日でございました。
新年明けてすぐにバルト海(そもそも北ドイツに行くこと自体が珍しく、バルト海もお初だったというのに、今年は既に2度もバルト海を拝んでしまった)まで車を飛ばして弾きに行ったのが遥かかなたの過去のよう。
住んでいるアパートの敷地内で(かどうかは分からないけど、何かの猛禽類)が獲物のハトを手に意気揚々と飛び去るところに居合わせたことだの、どうしたらこんなに美味しくないものを作れるのかと厨房に問い詰めに行きたくなるくらいのパスタを食べた話だの、サザエさん級の大ポカ(文字通り財布忘れた)を繰り返した話だの、久々の日曜大工だの、シーズン初の白アスパラだの、相変わらずネタには事欠かない日々を送っているのですが・・・(そういえば、オリンピックについてだって熱く語りたかったのに)
・・・えー・・・とりあえず私はお陰様で元気にしております。

復活祭前の金曜日Karfreitagの今日。ドイツは休日で、久しぶりに冷え冷えとした雨模様の静かな日・・・溜め込んだ宿題を片付けるべくパソコンに向かうのは今日しかない!と意気込んでキーボードに向かっていたというのに。

外から耳覚えのある調べが。汗

たまーに通りがかるジプシー夫婦(ギター担当:夫、アコーディオン担当:妻)が相変わらず代わり映えのないレパートリーを我が家の前で演奏中。
夫の方は本当に弾いているのかどうか、あれは弾いてるフリだけでは?という感じで(小銭を紙に包んで投げると、あっさりギターから手を離して拾うのだけど、音楽はまるで影響なく続行中)少なく見積もっても聴こえる音の95パーセントは妻のアコーディオン。
しかし、彼女は恐らく伴奏のコードの持ち合わせが二つしかないと見え(トニカとサブドミナント)何を弾いてもその二つでやっつけるので、聴かされるこちらは気持ち悪くて仕方ないのですよ・・・。

現在「カチューシャ」(ロシア民謡)を絶賛演奏中。
・・・無論、その二つの和音を行ったり来たりしながら。涙

集中を乱されること、この上なし。


さて。来月日本へ参ります。

5月22日桐生市市民文化会館 

5月24日浜離宮朝日ホール 

以上2箇所でソナタばかりのプログラムを弾かせて頂きます。

ハイドン ソナタ ハ長調 Hob.XVI/48
ベートーヴェン ソナタ第31番変イ長調Op.110
スクリャービン ソナタ第4番 嬰ヘ長調 Op.30
リスト ソナタ ロ短調

関連したインタヴューが発売中の音楽の友(・・・もうすぐ新しい号が出る時期かもしれませんが)に掲載されているようです。それから音楽現代にもインタヴューが掲載予定のようです。 

ソナタだけなんて退屈じゃ?などとのご心配はご無用です。(たぶん)
どれもこれも傑作ぞろいというだけでなく、個性と思いがぎゅーっと溢れた濃い曲ばかり。
会場でお目にかかれましたら嬉しいです!

良い週末をお過ごし下さいませ。

- * comments(0) * trackbacks(0) * by Rinko *

2013.12
31
Tue
CATEGORY: - | COMMENT: 2 | TB: 0 | Rinko | 15:08
・・ですが、皆さまいかがお過ごしでしょうか。
ヨーロッパは暖かめな年越しになりそうです。

2013年を振り返ってみると、ホントにあっという間に過ぎ去ったという印象です。
まわりの多くの方々の支えや助けも頂きながら、健康に新年を迎えられることに感謝です。
それはそうと、11月末の東京でのコンチェルトのこともそのままになってしまっていましたが、ご来場頂いた方々にこの場をお借りしてお礼申し上げます。有り難うございました。
10月頃だったか、偶然にも来年弾くので目下勉強中という友達の家でヘンレの楽譜を発見(これまで使っていたのはペータースとオイレンブルクのポケットスコア。勿論私も帰宅後すぐヘンレを購入。笑)今回改めてだいぶ楽譜を見直しました。自分で思っていたよりもシューマンには長くご無沙汰だったのですが(5年くらいかと思ってたら10年くらい経っていたっていう・・・←老化かね。汗)前回から結構時間をあけて新鮮な視点で向き合えたのも良かったなー。
日本の秋は美味しいし、楽しい滞在でした。皆さま、お世話になりました!

今年は我が家での年越し、花火の爆音を聞きながら(外では既に予行演習まっさかり)居酒屋メニュー+おそばでのんびりと。
その準備にかかる前に、これから年明けすぐのコンサートプログラムを少々さらって、ピアノにも仕事納めしてもらうこととします。

日本はカウントダウンまで1時間切りましたね。
皆さま、良いお年をお迎え下さいませ!!!

- * comments(2) * trackbacks(0) * by Rinko *

2013.10
10
Thu
CATEGORY: - | COMMENT: 4 | TB: 0 | Rinko | 08:15
先週、日々のワインを買いに行こうと車を出したときのこと。
 
うちからすぐの大きめ通り(大通りではないのでこんな書き方)に出たところ、いつにない渋滞に遭遇。事故でも起きたに違いないと思うくらい、じりじりとしか進まない。
徒歩でも5分くらいの距離を15分以上かかってノロノロ進んだところで見えてきたのは、新たに出現した工事現場。
そのまま直進したら、まだまだ亀の歩みでしか進めないことは明らかだったので右折したらば。
 
そこにも立ちふさがる場。
 
この数年、路面電車の一部地下化計画のせいであちこち掘り返されて、通行止めの箇所が下手すると数日単位で変わるという、非常に鬱陶しい状況が続いているカールスルーエなのですが、その日はどこへ行っても赤白のシマシマばっかり(こちらでは工事現場は赤白の縞です)しかも週末でもないっていうのにどこもかしこも混んでいるわ、マナーの悪い車は多いわで、こちらまでガラの悪いドライバーになりそうでした。(え?元からそーじゃないの?とか言わないように)
 
大体ね。
 
みるみるうちに日が短くなってきているんですよ。
毎日なんとはなしに寂しい気持ちが押し寄せる訳ですよ。
で、冷蔵庫でキューッと冷やした白ワインにそう食指も動かなくなっている訳ですよ。
そんな状況で棚を見やると、赤ワインの瓶もあるにはあるけれど、少々心もとなく寂しい訳ですよ。

 
→ この棚を満たせば確実に幸福感が訪れるに違いない
 
→ → そうだ、ワイン買いに行こう

 
森でも動物が食べ物を集めるこの時期、人間も大して変わらないよなぁと実感しております。

 
 
さて、お知らせです。
 
11月25日に文京シビックホールでの演奏会に出演させて頂きます。
久々のシューマンが今から楽しみです。

The 2nd World Peace Classic Concert
2013年11月25日18:30開演 文京シビックホール大ホール
指揮 新田孝 
ニッポンシンフォニー

少しだけお得にチケットをお求め頂けます。下記アドレス宛て(!を@に変えて下さい)にご連絡下されば、メールでチラシや詳しい情報などをお送り致します。
music.k!etude.ocn.ne.jp

- * comments(4) * trackbacks(0) * by Rinko *

2013.09
01
Sun
CATEGORY: - | COMMENT: 4 | TB: 0 | Rinko | 22:24
ブログを大放置したまま、忙しかった怒濤のシーズンを終えたのが7月末。
そのまま夏休みに突入し、更にブログを放置・・・・・す、すみません。 

実は、今年は5月くらいから夏休みがもう待ち遠しくて待ち遠しくて、カレンダーに赤丸つけてカウントダウンしようかというほどだったのです。 
しかし7月末まで予定はつまりにつまっており、最終週はまるまる1週間家を留守にし→最後は連チャンでコンサートがあり→弾き終わるなり車で夜中に帰宅し→起きたら1週間分の洗濯→そしてバタバタと2週間分の荷物をパッキング→→→→→→そして、びゅーんとひとっ飛び。 


 
→→→


→→→→→行き先: 


 日本! 



・・・いやはや、しかしとにかく暑かったですね・・・。 

何してても暑かった。普段はまるで汗をかかない私なのに、毎朝起きるとパジャマを絞れるんじゃないかと思う程。 
日本の夏って昔からこんなに暑かったっけ?と思っていたら、1000年に一度の暑さだったんですって?そりゃ暑かったわけだわ・・・。 

でもまぁハンパなく暑くはあったけれど、楽しい2週間の滞在でした。 
今回はまったく仕事抜き、純粋な里帰りだったのですが、日本行きのフライトだけはかろうじて確保してあったものの、国内旅行の手配などまるで手が回らずに、最終的には日本の家族に丸投げ+もう一つの一泊旅行は日本へ飛ぶ前日にムリヤリ予約という暴挙っぷり。 


しかし、時差もとれないまま出かけた金沢の市場の海鮮丼は豪華に魚介がはみ出していたけれど、その美味しさにペロッとあっさり完食したし(いやまあ、ドイツの一人前に慣れてたら、まずどこへ行ってもご飯を残すことはないんですが)宮島では(も)お天気にも恵まれ(暑く)大鳥居模様と見まごうばかりのサンダル焼けも作ったし、瀬戸大橋を下から眺めるクルーズ(そんな名前ではなかったけど)は流石の大迫力だったし。色んな日本を満喫しました!


そんな旅から帰り、ざっと荷解きを終えて夕方出かけたのはすぐ近所にある行きつけのカフェ。 エスプレッソを飲みながらお喋りする店主と、そこに居合わせた常連計5人(私含め)の国籍は見事にすべてバラバラ。

その中のス人がブツブツと

今夜飲むロゼを冷やさなくてはならないからそろそろ帰らないと。 でもこの気温だと赤ワインにするべきか否か・・・ 

という非常に重大な悩みを延々と30分以上に渡って語る(早く帰ってロゼを冷やさなくちゃならないんじゃないのー?)のを聞きながら「あぁ、南町に帰ってきたなぁ」と、時差ボケに若干ぼーっとした頭で実感した夕暮れでありました。

- * comments(4) * trackbacks(0) * by Rinko *