2016.09
23
Fri
CATEGORY: - | COMMENT: 0 | TB: 0 | スポンサードリンク |

一定期間更新がないため広告を表示しています


- * - * - * by スポンサードリンク *

2014.04
18
Fri
CATEGORY: - | COMMENT: 0 | TB: 0 | Rinko | 20:02
はたと気づけば、新年のご挨拶さえ失礼したまま、早3ヶ月以上・・・!
前記事は大晦日でございました。
新年明けてすぐにバルト海(そもそも北ドイツに行くこと自体が珍しく、バルト海もお初だったというのに、今年は既に2度もバルト海を拝んでしまった)まで車を飛ばして弾きに行ったのが遥かかなたの過去のよう。
住んでいるアパートの敷地内で(かどうかは分からないけど、何かの猛禽類)が獲物のハトを手に意気揚々と飛び去るところに居合わせたことだの、どうしたらこんなに美味しくないものを作れるのかと厨房に問い詰めに行きたくなるくらいのパスタを食べた話だの、サザエさん級の大ポカ(文字通り財布忘れた)を繰り返した話だの、久々の日曜大工だの、シーズン初の白アスパラだの、相変わらずネタには事欠かない日々を送っているのですが・・・(そういえば、オリンピックについてだって熱く語りたかったのに)
・・・えー・・・とりあえず私はお陰様で元気にしております。

復活祭前の金曜日Karfreitagの今日。ドイツは休日で、久しぶりに冷え冷えとした雨模様の静かな日・・・溜め込んだ宿題を片付けるべくパソコンに向かうのは今日しかない!と意気込んでキーボードに向かっていたというのに。

外から耳覚えのある調べが。汗

たまーに通りがかるジプシー夫婦(ギター担当:夫、アコーディオン担当:妻)が相変わらず代わり映えのないレパートリーを我が家の前で演奏中。
夫の方は本当に弾いているのかどうか、あれは弾いてるフリだけでは?という感じで(小銭を紙に包んで投げると、あっさりギターから手を離して拾うのだけど、音楽はまるで影響なく続行中)少なく見積もっても聴こえる音の95パーセントは妻のアコーディオン。
しかし、彼女は恐らく伴奏のコードの持ち合わせが二つしかないと見え(トニカとサブドミナント)何を弾いてもその二つでやっつけるので、聴かされるこちらは気持ち悪くて仕方ないのですよ・・・。

現在「カチューシャ」(ロシア民謡)を絶賛演奏中。
・・・無論、その二つの和音を行ったり来たりしながら。涙

集中を乱されること、この上なし。


さて。来月日本へ参ります。

5月22日桐生市市民文化会館 

5月24日浜離宮朝日ホール 

以上2箇所でソナタばかりのプログラムを弾かせて頂きます。

ハイドン ソナタ ハ長調 Hob.XVI/48
ベートーヴェン ソナタ第31番変イ長調Op.110
スクリャービン ソナタ第4番 嬰ヘ長調 Op.30
リスト ソナタ ロ短調

関連したインタヴューが発売中の音楽の友(・・・もうすぐ新しい号が出る時期かもしれませんが)に掲載されているようです。それから音楽現代にもインタヴューが掲載予定のようです。 

ソナタだけなんて退屈じゃ?などとのご心配はご無用です。(たぶん)
どれもこれも傑作ぞろいというだけでなく、個性と思いがぎゅーっと溢れた濃い曲ばかり。
会場でお目にかかれましたら嬉しいです!

良い週末をお過ごし下さいませ。

- * comments(0) * trackbacks(0) * by Rinko *

2016.09
23
Fri
CATEGORY: - | COMMENT: 0 | TB: 0 | スポンサードリンク |

- * - * - * by スポンサードリンク *

« ベートーヴェンと水前寺清子と。 | MAIN | あっというまの大晦日 »
Comments









Trackbacks