2016.09
23
Fri
CATEGORY: - | COMMENT: 0 | TB: 0 | スポンサードリンク |

一定期間更新がないため広告を表示しています


- * - * - * by スポンサードリンク *

2014.06
25
Wed
CATEGORY: - | COMMENT: 10 | TB: 0 | Rinko | 22:55
すっかり遅くなってしまいましたが、桐生市市民文化会館そして浜離宮朝日ホールでのリサイタルにお越しくださった皆様、どうも有り難うございました!!!
ソナタばかりというプログラムがどう客席に届くのかなと思っていましたが、色んな方から本当に沢山の嬉しいお言葉、ご感想を頂きました。この場をお借りしてお礼申し上げます。
「大変なプログラムですね」と何度か言われましたが、全体のバランスとコントラストのせいか、本人はプログラムを弾き終わっても、実はまだまだ弾けるくらい(笑)でした。
お聴き頂いた方からも、あっという間だったという声がいくつもあって、こちらもホッとしました。
発売中の音楽の友に既にコンサート評が掲載されているとのことです。よろしければご覧下さいませ。

ドイツへ帰ってきてからも、先週までは仕事でバタバタ動き回っていましたが、合間にはしっかり季節の味も楽しみ。


そして、目下我が南町はこんな様相。

4年毎の風物詩。(ヨーロッパカップもあるから2年毎かな)


ヨーロッパ勢はスペインもイタリアもあれよあれよと言う間に予選落ちしてしまったし、週末からの決勝トーナメントはどの辺りを焦点に観戦しようか、ちょっと悩むところです。(これだけドイツにお世話になっていながら、サッカーでは何故だかドイツチームを素直に応援する気になれない・・・というのは小声で。笑)
ところで「オランダのロッベンをピアニストに例えるなら、そりゃもうリヒテルをおいて他にはいないだろう」なんてことを考えながらサッカー観てるのって私くらいですかね。

- * comments(10) * trackbacks(0) * by Rinko *

2016.09
23
Fri
CATEGORY: - | COMMENT: 0 | TB: 0 | スポンサードリンク |

- * - * - * by スポンサードリンク *

« 暑中お見舞い申し上げます | MAIN | ベートーヴェンと水前寺清子と。 »
Comments
実家に当分滞在と思いきや、早くもドイツで仕事、グルメ、サッカーにと、どれだけタフなの!!
感心と呆れるのと半々。
でも毎回演奏が終わった後(もう一度聴きたい)て思ってCDの売り場で「今日の演奏曲が入っているのは?」て聞いて「No」と言われてがっかり。私だけじゃなく何人も聞いてる人がいらしたわ。
それだけひきつける、本当に素晴らしい演奏だった。
音友、早速購入。おう〜大絶賛!!
天晴れ我が友!!
後は無事な・・・を祈るのみです。
posted by イッチー [ 2014/06/27 6:13 PM ]
先日は、強行軍のスケジュールお疲れ様でした。パワフルで美しい演奏を堪能致しました。ちょうどリストに関する講演を聞いてちょっと見方を新たにしていたところだったので(以前は人物にあまり好意を抱いていなかった)グッドタイミングでした。ピアノ曲以外にもいろいろと聞いてみたいなと思ってます。その後、順調かな?今年上半期で一番びっくりしたことかもしれませんが、幸運を祈っていますよ。それこそ思いもよらない事件がたくさんおこりそう。それも含めてまた話とピアノ、聞ける日を待ってるね。
posted by ayumi [ 2014/06/29 2:38 PM ]
イッチーさま

コメントどうもありがとう!
いやいや、サッカーはソファにどで〜んと転がって観てるだけですから。笑
録音は録音でやりがいもあるし、また機会があればしていきたいと思うけれど、コンサートの一期一会はそれはそれで特別なものに成り得るし、聴く立場からも弾く立場からも記憶に残るものになると思ってるので、そう言ってもらえて嬉しいです。また会えるのを楽しみにしています!
posted by Rinko [ 2014/07/01 8:13 AM ]
ayumiちゃん

リストの講演、私も聞いてみたかったです。私自身、リストのクローズアップされがちな面だけを人物像としてイメージしたまま、よく演奏されるレパートリーだけを受動的に聴いていたときは、正直言って作曲家として大して興味を持っていなかったので。
お陰様で元気に過ごしてます。連絡するねー!
posted by Rinko [ 2014/07/01 8:15 AM ]
先日は素敵なコンサート、心も体も洗われるようでした。ほんと、倫子さんタフに回られて。ご苦労様でしたね。
イチゴは葉酸をいっぱい含んでいてお腹の子とお母さんにいいらしいです。
W杯みるたび、そちらの盛り上がりを想像中。
引き続き、お大事にして下さい。
posted by AI UDAGAWA [ 2014/07/01 11:32 AM ]
両親の代わりのような感じで足を運びましたが、素敵なコンサートで、良い体験でした。当時賛否両論と言われていた曲、なかなか聴く機会もない私ども夫婦にとっては、とても興味深かったです。(個人的に、私は好きでした)またの機会を楽しみにしております。
posted by Ishizuki母の娘 [ 2014/07/02 10:12 AM ]
会場までの道中が心配でしたが、行って本当に良かったです。ピアニストとして脂がのってきた倫子さんの演奏を堪能できたのですもの。

舞台に登場されたお姿は衝撃的(?)でしたが、よくぞまぁ、大曲ぞろいのプログラムに耐えられましたね。「弾き終わっても、実はまだまだ弾けるぐらい」だったですって!?アンコールは2曲と言わず、シューマンのあの曲みたいな、可愛くてホッとする曲を立て続けに聴きたかったわ。

ドイツは現在サッカーでドンちゃん騒ぎの最中でしょうか?ブラジルが気の毒になるほどでしたね。

「オランダのロッベンをピアニストに例えるなら、そりゃもうリヒテルをおいて他にはいないだろう」の意味を教えて下さい。サッカー選手は全然知らないからロッベンはどうでもいいんだけど、倫子さんにとってリヒテルってどんな存在かしら?

元気な二世誕生をお祈りしています。
posted by T.K. [ 2014/07/09 9:04 PM ]
頂いたコメントのお返事が遅れてすみません!
お陰様で元気にしております。

AI UDAGAWAさま

先日は思いがけず会えて嬉しかったです!
イチゴの季節も過ぎ、今はスイカとかプラムとかが並んでいるドイツ。この写真のイチゴは5kgを大人買いしたときで、半分近くはジャムにしたものの、残りはそのままモリモリ食べましたよ。
サッカー、最後は花火上がってました。笑
posted by Rinko [ 2014/08/07 6:35 AM ]
Ishizuki母の娘さま

ご来場ありがとうございました!
興味深かったと仰って頂けてとても嬉しいです。また聴いて頂けますように。
posted by Rinko [ 2014/08/07 6:36 AM ]
T.K.さま

衝撃的・・・でしたよね、おそらく。笑
いえいえ、耐えるなどという感覚はなく、本当に体力にも気力にもまだまだ余力を残していたのですけど、お客様の方が遠慮なさっている空気が伝わってきて「あのー私まだまだ元気いっぱいなんですけどー。笑」と思っておりました。

>サッカー選手は全然知らないからロッベンはどうでもいいんだけど
って、なんと冷たい。笑

ロッベンがボールを受けて、ドリブルで駆け上がって行くときの凄まじいエネルギーは、リヒテルがショパンのOp.10-4(映像をご覧になったことありますか?)を弾くときのエネルギーと相通じるものがあるんですよ・・・少なくとも私には。
とはいえ、まぁリヒテルを聴いていて「これはロッベンみたいだなぁ」と思うことはないでしょうが。
リヒテルという存在についてはいずれ別便で。笑
お陰様で母子とも元気です。ありがとうございます。
posted by Rinko [ 2014/08/07 6:41 AM ]









Trackbacks